ABOUT AMOROSA ローズについて

  • 高級プリザーブドローズ「AMOROSA」

    AMOROSAのプリザーブドローズは、ベルベットのような肉厚の花びら、弾力がある壊れにくさ、などから高い評価をいただいております。

    最高級ローズ、とまで呼ばれる秘密は、南米エクアドルにあります。

    AMOROSAのバラはすべてエクアドル産。

    バラといえばヨーロッパのイメージが強い花ですが、近年の出荷量をみると、実は南米が主な輸出国に名を連ねているのです。南米産のバラは大輪でステムも太く、長く、生命力にあふれています。その堂々と咲き誇る姿が、欧米諸国においては、高級品として人気をあつめています。

  • 高級プリザーブドローズ「AMOROSA」

エクアドルローズ、人気の秘密

コロンビア、ケニア、エクアドルなど、温暖な地域がバラの産地として名を挙げるなか、特に高い評価をあつめているのは、エクアドル産ローズです。その秘密は国土にあります。

スペイン語で「赤道」をそのまま国名にしているように、エクアドルは赤道が国土を横切る真直下にあたります。その機構は年間通じ「永遠の春」と呼ばれるほど温暖です。

そして国土の中央にそびえるアンデス山脈。豊富な雪解け水と、湿度の少ない風が吹き下ろし、活火山の恩恵により肥沃な土地が広がります。

AMOROSAのバラ園はこのアンデスに位置しています。高地では昼は暖かく、夜はつめたく、この寒暖の差がバラの木を鍛え、力強く育てます。

このように恵まれた環境が、バラを健やかに、強く、太く、大輪に育むのです。

AMOROSA専用バラ園

エクアドルが育んだ、生命力あふれる健康で大輪のバラ。そのバラのちからを最大限に引き出さい、プリザーブドローズにするため、AMOROSAは現地に専用バラ園を設けています。

プリザーブドローズの加工はその鮮度が命。朝一番に花を摘み取り、午後には加工します。しかもAMOROSAではバラが大きく開花する、ギリギリまで農場で咲かせてから摘み取っているのです。

  • バラは大地でこそ育つ

    バラは開花させてしまうと、花びらが傷つきやすくなってしまいます。また花が大きければ、大きい分、輸送コストもかかります。

    しかし、AMOROSAではプリザーブドローズに加工するバラは、大地で大きく開花させています。

    ここまで開花にこだわる理由は、大地で咲かせることで花に力が宿るからです。木の根が、自らのちから出吸い上げた養分やパワーは、きちんと花に届けられ、花びらの強さにつながります。乾燥にもつよく、散りにくいバラに育つのです。

    こうして大切に育てた大輪のバラを傷から守りながら輸送し、すみやかに加工するために、AMOROSAの加工工場は、バラ園の中に建てられています。

  • バラは大地でこそ育つ

厳しい検査基準

専用バラ園で収穫されたバラは、まず傷・色・形・巻きの形状などを厳しくチェックされます。

花びらに傷がなく、形や巻きの美しい花だけをプリザーブドローズに加工するためです。

残念ながらこの段階で、非常に多くのバラが選から漏れ、農園の肥料として再利用される道を辿ります。

厳しい選定基準をクリアしたものだけが、ようやくプリザーブド加工されていきます。

AMOROSAは選ばれた花のバラの名前

プリザーブド加工がすんだバラすべてが、AMOROSAの名前で呼ばれることはありません。加工後も再度厳しいチェックが行われるためです。加工後のも最上級に美しいものだけが、ようやく製品として出荷されるのです。

そして、日本国内に到着したのち、最後に日本での厳しい検品が行われます。

日本の基準をクリアした、ごくわずかなバラだけが、AMOROSAの名前を用いることが許されているのです。

プリザーブドローズの「女王」誕生秘話

AMOROSAはプリザーブドローズの「女王」と呼ばれるほどの高い評価をいただいています。

しかし最初からこの高い品質のプリザーブドローズを生み出していたわけではありません。

 

昔は、切り花として販売できなかった生花の、受け皿としてプリザーブドローズは作られていました。

当然、この時代にのプリザーブドローズから、息を呑むような美しい一輪が生まれることはありませんでした。切り花の、いわば副産物のようなプリザーブドローズに満足できなかったわたしたちは、より良いものを求め、様々な品種のバラを加工しました。

生花の段階でどれだけ美しくても、加工後もそのまま美しいとは限りません。花が縮んでしまったり、花びらが破れてしまったり。色があせてしまうものもありました。多くの試作を重ねましたが、望まぬ結果ばかりが積み上がりました。

 

そんなとき、ある一本のバラの木が目にとまりました。

その木は、冬至どこのバラ農家栽培しなくなっていた、古い品種の親木でした。

理想のプリザーブドローズをつくる。この信念でわたしたちは、この古いバラの花にもプリザーブド加工を試してみました。

そして、仕上がった花の美しさに、スタッフはみな息を呑みました。

巻きは美しく、花びらも縮むことなく、質感はしっとりとして、ベルベットのような光沢……。

これこそが私達が求めていた、究極のプリザーブドローズでした。

このバラを商品として安定してお届けしたい。

農園ではこの貴重な親木を株分けし、何年もかけてバラを増やしました。それは何年にもおよぶ、地道な作業でした。

 

一輪の美しさを求め、長い時間をかけた結果、今日、AMOROSAのプリザーブドローズは、アートシーンやフラワーデザインの現場で高い評価をうけているのです。